FC2ブログ

当サイトについて メール Twitter カテゴリ別記事一覧

最新記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)| トップへ戻る |

戦う司書 The Book of Bantorra 第3話「爆弾と人間と死の神の病」

戦う司書3-As
盛り上がってきた…けど…

戦う司書 The Book of Bantorra 第3話「爆弾と人間と死の神の病」の感想です。
評価…★★★★☆☆☆☆☆☆

感想

ハミュッツvsシガルが始まるところで終わり…と雰囲気的に盛り上がってきただろうと言うことは伝わって来てはいるんだけど、分からないところはとことん分からないこの作品。
2話、3話は1話と比べてそれなりに分かりやすい話になっているとは思いますが、展開が早いお陰で原作未読の俺はストーリーに追い付いていないんですよね(苦笑)

例えばシロン=ブーヤコーニッシュの掘り下げが今回あったけど、ちょっと詰め込み過ぎた印象があった。
とりあえず、「疫病に効く薬を作れたけど、高く売るために疫病が広がるのを待った」というのが作中で言われてたけど、その前のあの変な道化師みたいなやつとの戦闘からいきなり「病が広まるのを待ってたのか!」で急に斬首でしたからちょっと戸惑いました(笑)
シロンがあの道化師と戦闘していたと言うことを考えると疫病の蔓延にあの道化師が噛んでいることは間違いなさそうですが、シロンが処刑されたのもあの道化師が関係してくるのだろうか?
やっぱり周囲に誤解されたまま処刑されたと言う感じかな?

…とまあ相変わらず展開は早いなぁとは思いますが、着々と次回が楽しみな作品になりつつあるので次回に期待しましょう。
原作既読の方の意見では次回はかなり盛り上がるらしいです。


追記・雑感

考察するのは楽しいけどその分書くのが大変だったりする。
もしかしたら物凄い的外れなこと書いてるかと思うと書きたくても書けないというのが原作未読の辛いところ。批判したらしたで切れって言われますしね…。


過去記事

第2話「爆弾と姫君と灰色の街」
第1話「爆弾と本と沈み行く船」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hit0115animeblog.blog93.fc2.com/tb.php/339-9423e0c7
トラックバック有り難うございます。

聖女から魔女へ・・・少女の変貌。 未来を予見する力のある少女<シロン> 予言により人々を導き、聖女として崇められるも、最後は魔...
[2009/10/18 20:30] リリカル☆スアラ
「さて、どうする恋する爆弾君」 シロンの本に興味を持つコリオ。 そんなコリオを見つけたハミュッツも、彼の態度に興味があるらしい。 コ...
『神溺教団の指導者シガルのテロ計画を阻止すべく、ハミュッツはトアット鉱山に降り立つ。投石器による遠距離射撃で街に潜入した人間爆弾達...
[2009/10/17 18:44] Spare Time
「初めての恋」
[2009/10/17 17:02] マリアの憂鬱
   第3話「爆弾と人間と死の神の病」神溺教団に記憶と感情を奪われ、胸に爆弾を埋め込まれた“人間爆弾”の少年、コリオ=トニス。予知能力者シロン=ブーヤコーニッシュの本の欠片を持つ彼に、ハミュッツは興味を持つ・・・。「ドキドキさせてよね?」コリオ、さらに...
[2009/10/17 12:21] 日々“是”精進!
恐怖のハミュッツ=メセタがやって来た! 「よろしくお願いなのよね〜♪」 トアット鉱山は恐怖のるつぼ! 恋する爆弾・コリオ=トニス...
[2009/10/17 10:44] 空色きゃんでぃ
「爆弾と人間と死の神の病」 石の破片でシロンの過去を見るコリン 自殺を図ろうとするシロンだったがそれも出来ずに、わざと処刑されようとするが 死んだのか? 気が付けばコリンの隣にハミュッツがΣ(・ω・ノ)ノ! いつの間にww なんか本はハズレだった
トアット鉱山に乗りこんだハミュッツ。 シロンの本を持つ人間爆弾コリオに興味を持ち接触。 爆弾を外すけどあらっぽすぎる(汗) シガルは...
[2009/10/17 09:00] SERA@らくblog 3.0
未来が見える少女と、ケフカに似た道化人間?の奇妙な組み合わせ。今回のエピソードは2人の出会いが原点らしいけど、やっぱりよくわからないのが正直な所w
[2009/10/17 09:00] よう来なさった!
 シロンが何だかかわいかったです。魔女とかいうから酷い子かと思っていたら……
[2009/10/17 07:51] つれづれ
時を超えた想い--------------。シロンの本に触れたコリオ。彼はあれからシロンの事が気になって仕方ないよう。彼に再び接触を図り、シロンの本の欠片をくれた親父。またこのお爺さんがものっそあやしいよなぁ。なんでこんなものを持っているのか?彼が何者なのか。神溺集...
カテゴリ
カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
Page View


ユニークアクセス




検索フォーム
全記事表示リンク

あわせて読みたいブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。